株式会社タフ・ジャパンロゴマーク

株式会社タフ・ジャパンの研修・講習について

研修・講演風景

熱中症予防講演会:平成26年6月26日

鶴見消防署・鶴見火災予防協会主催で、大塚製薬さんが第一部
の座学、弊社が第二部の実技を担当させていただきました。
特にご高齢の方々は脱水等の自覚症状が表れにくいため、
周囲の方々のサポートが必要です。
「夏に勝つための心と体と絆づくり」というテーマを掲げ、
最後まで厳しくも楽しい実技を担当させていただきました。

第3回災強!霞が関防災キャンプ:平成26年3月28~29日

今回は東北や静岡からも参加してくださり、小学生から60歳代まで多くの年齢層で気づき合いました。

最後は結果を出すために行動するエネルギーに火を付けるため、スパーリングまで・・・回数が増す毎にハードな内容になっていくのは気のせいでしょうか。

※霞が関ナレッジスクエアのホームページは→こちら

第2回災強!霞が関防災キャンプ:平成25年10月18~19日

いつあなたも帰宅困難な状況になるかわかりません。ここでは知識や技術を学ぶのではなく、いかに気が付いて行動に移すかという、体験後に7割のエネルギーを注ぐ研修です。霞が関で「特別な1日」を過ごしたメンバーたちはメーリングリストを活用しながら、お互いを励まし、最後は同窓会で報告しあうのです。
※霞が関ナレッジスクエアのホームページは→こちら

清話会セミナー:平成25年9月3日

御茶ノ水ホテルじゅらくにて、清話会企業会員の方々を対象に「消防士の仕事と心身の鍛え方」というテーマでお話をさせていただく貴重な機会をいただきました。約3分のダイジェスト版です。
第1回災強!霞が関防災キャンプ動画  

第1回災強!霞が関防災キャンプ:平成25年7月19~20日

日本の心臓部、霞が関で帰宅困難を体験して防災体質になろう! というコンセプトに、小学生から大人まで38名が参加してくれました。 劣悪な環境で宿泊する中、多くの気づきを得た上で、21日間の 行動計画を立て、大人の宿題に取り組んでいきます。 是非、皆さんも「特別な1日」を体験してみませんか?
※霞が関ナレッジスクエアのホームページは→こちら

消防局安全衛生管理研修会:平成24年1月18・19日

広島市消防局全職員(1400名)が対象でした。教育技法の1つとして興味を抱かせ、聴講者との距離感を縮めるために家族紹介を兼ねて「人となり」をお話している場面です。質問への珍回答が面白く、会場が盛り上がりました。

神奈川県初任生エール:平成23年6月29日(水)

エール交換として神奈川県消防学校初任教育生 から長野県消防学校初任教育生、さらには東北地方に対してエールを送らせていただきます。
迫力あるボディスラップをご覧ください。

特別講演の様子:平成22年7月10日(土)

静岡県西部地区救急技術研修会の中で、第2部特別講演として「きつい・つかれた・もうだめだでは他人(ひと)の生命(いのち)は救えない~生涯現役 消防筋肉~」をテーマに90分間講演をさせていただきました。
約250名全員参加型で行いましたので、西部地区のパワーとチームワークを肌で感じ、大変楽しく行うことができました。感謝!
※動画はハンガーを使って体のゆがみを説明しているところです。
株式会社タフ・ジャパン鎌田修広ブログ
中川式ストレッチングベンチ、通信販売のページへ
株式会社タフ・ジャパン、代表取締役、鎌田修広の写真

代表取締役:鎌田修広

消防人生の半分である約9年間を「消防体(體)育訓練」を軸とした人材育成・危機管理教育等に従事し、全国約3万人の方々に指導させていただきました。